あなたの町のホームドクター 安心・安全の優しい治療 トップイメージ002 トップイメージ003 トップイメージ004 トップイメージ005
きむら歯科ピックアップ項目 文字サイズ変更ボタン
SPルーム
高度な医療機器
カウンセリング
時間約束制
専門医があたります
スマイルキッズクラブ

院長からのごあいさつGreeting
ごあいさつ

あなたは80歳になって何本の歯を残したいですか?
私は、カウンセリング時にはいつも患者さまにお聞きしています。

一般的に、患者さまの多くは痛みや腫れなどの症状がでてから歯科医院に来院されます。
また長年、歯の色 歯ならび 口臭を気にされているかたもいらっしゃいます。
まずは、今お困りの悩みを解決することが最優先です。
応急的な治療が終了してから患者さまとの本当のお付き合いが始まると、私は考えています。
院長みずからカウンセリングを積極的におこない、患者さまと同じ方向をむき、10年後、20年後をみすえたうえで、本格的な治療をスタートします。

お医者さんに専門分野があるように、歯科にもそれぞれの診療科目を専門とする歯科医師がいます。
きむら歯科医院では、まず院長が総合的な診断をした後、治療内容に応じては専門医が担当する場合もあります。
そして院長が責任もって最終の治療をし、きむら歯科医院スタッフ全員の総合力で、患者さまにご満足いただける医療を提供することが大事だと考えています。

きむら歯科医院は、定期的なメンテナンスを続けることで健康なお口を維持できると考え、長くお付き合いいただける診療システムをとっています。
親子3代のご家族でずっと来院してくださる患者さまも少なくありません。

私はお口の健康を維持することは身体の健康につながり、生活の質を向上させる大切な要素であることを、いつも患者さまに熱く語っています。
80歳でご自分の歯を20本残すことを目標に、患者さまとご家族の皆様が健康なお口で健やかな人生を過ごせるよう、皆さまの「町のホームドクター」としてお役にたちたいと思っています。

最新情報・医院からのお知らせLatest information
新着コラムColumn
ページトップへ