よくある質問

トップページ > よくある質問 > むし歯について
むし歯についての質問 文字サイズ変更ボタン
どうしてむし歯になるの?
日本人の 9 割がかかっているというムシ歯。お口の中に残っている食べ物のカスにムシ歯菌が住み着き、歯を溶かします。たかがむし歯、と軽く考えてはいけません。再石灰化が不可能なレベルに達すると、むし歯はもう元には戻りません。むし歯を作らないためには正しい予防を心掛けること重要です。
健康な歯を守るのはあなたのちょっとした努力次第で可能なのです。
歯と歯の間に物がよくつまるのですが、どうしてですか?
ものがよくつまるのは、歯肉が弱ってやせたり歯が動くなどして歯と歯のすき間(歯間)が広まってしまった場合と、歯間にむし歯ができている場合などがあります。
一度検査してください。
歯の神経を取ったのに、なぜ痛むことがあるのですか?
歯の神経を取るといっても、実際は歯の中を通っている神経を歯の端で切断して取り出している状態なので、切断面にしばらく炎症が残ることがあります。
また、炎症が強いと歯の根の周りの組織にまで炎症が及んでいる場合があります(歯根膜炎)。そうすると、神経をとってもすぐには痛みがひかないことがあります、通常は 2 ~ 3 日で痛みは治まってきますが、まれに持続する場合もございます。神経を触った後は、しばらくその歯で噛んだりせずに、安静にしておく必要があります。
むし歯じゃないのに歯がしみるのはどうして?
むし歯がないのに冷たいものがしみるのは知覚過敏です。
これは歯肉が下がったことでセメント質が露出し、刺激を感じる症状のことをいいます。露出したセメント質の知覚を鈍くする治療を行うことで改善します。
冷たいものや、熱いものでしみるのですが、むし歯ですか?
冷たい物などでしみるときは、ムシ歯や、初期の炎症が考えられます。
もし、熱いもので痛みを感じるようになってきた場合、ムシ歯の原因となる最近が奥まで進んでしまっている可能性が考えられます。
一度、歯科医院で検査をしてもらうことをおすすめします。
ころんで歯をぶつけ、なんとなく変色してきました。
早く歯科医へ診察を受けましょう。
歯の色が変色してきたのは打撲によって歯の中の神経が切れた可能性があります。
このまま放っておくと、痛みが出たり後々影響が出ることがあります。
歯を磨いているのにむし歯になるのはなぜですか?
確かに一日に何度も歯を磨いても、人によっては虫歯になってしまいます。
日常の歯みがきでは、磨きにくい場所があるということもあるでしょう。
しかし、実は日頃の歯みがきでは全てのよごれを取り除くことはできないんです。
「予防歯科」という診療を聞いたことはありますでしょうか。予防歯科は、日頃の歯みがきでは落としきれないよごれをプロの手できれいに取り除く作業です。
むし歯の原因になるミュータンス菌や、ラクトバチラス菌などが創っているバイオフィルム(細菌の膜)を破壊し、むし歯、歯周病の原因を極限まで排除します。これは通常の歯みがきではできないことなのです。
むし歯や歯周病を予防するために歯をきれいに磨いているつもりでも、定期的な通院をおすすめします。
むし歯や歯周病が全身の病気につながるって本当ですか?
むし歯と歯周病は細菌感染症です。むし歯の菌が心臓病や糖尿病、胃腸障害などの病気の発症や進行に大きな影響を与えることもわかっています。皆さんの食生活だけでなく、幸せな生活をお送りいただくために、できる限りお口の環境に興味を持っていただければと思います。むし歯や歯周病の細菌が口の中だけでなく生命の危機につながる、全身の健康に影響が有ることは確実です。
歯周病は自覚がないのが特徴です。むし歯がない場合でも歯周病は進行している可能性があります。
むし歯はいつ治療するとよいのですか?
エナメル質をこえて象牙質まで達すると治療が必要です。むし歯ができはじめの頃はさほど痛みがないので放っておいて、痛くて我慢できなくなってから治療される方も実は少なくありません。
できはじめに治療すると当然歯を削る量、治療期間も少なく、歯の持ちが良いのです。大きなむし歯になると神経を抜かなければなりません。今度その歯がむし歯になったとしても神経がないので気づきにくく、気づいた頃には抜歯が必要・・・ということにもなりかねません。
むし歯の治療にはどのようなものがありますか?
【小さなむし歯】むし歯を除去した後、歯の色に近い白色の詰め物で詰めていきます。
【少し大きなむし歯】むし歯を除去した後に型を取り、次回来院されたときに、歯の一部分を覆う形のセラミックまたは、金属の詰め物を詰めていきます。
【大きなむし歯】神経の処置をする必要があります。その後セラミックや金属のかぶせ物を施していきます。
入れ歯が合わないのですが、入れ歯安定剤を使っていいですか?
安定剤は、短期に使用するには便利ですが、清掃がしにくく汚れやすい為、感染の原因になりやすいので長期間の使用はお勧めできません。衛生状態のよくない入れ歯は歯肉にとって大変負担で、炎症や痛みを引き起こすなど、ますます入れ歯の使いにくい口腔状態を引き起こしてしまいます。入れ歯が合わないときは、歯科医院で調整してください。
親しらずは抜いたほうがいいのですか?
歯の生えている方向や隣の歯との状態など、抜歯が必要かどうかはいろいろな条件をもとに決定します。痛みの有無にかかわらず、一度受診されることをお勧めいたします。
ページトップへ