よくある質問

トップページ > よくある質問 > 小児歯科について
小児歯科についての質問 文字サイズ変更ボタン
乳歯はいつから生えるの?
乳歯は一般的に生後 6 ヶ月くらいから生え始めて 2 歳頃生えそろいます。
お母さんが妊娠して 2 ~ 3 ヶ月で、すべての乳歯の歯胚 ( 歯牙 ) ができ始め、4 ~ 6ヶ月の胎児の頃に石灰化し始めます。
その後赤ちゃんが生まれると、下の歯から順番に生え、 3 ヵ月後に、今度は上の歯が生えてきます。
2 歳前後になる頃には全部で 20 本の歯がそろいます。
子供の歯磨きの注意点は?
小さめの歯ブラシで、横磨きをするのが、乳歯に適したブラッシング方法です。
歯と歯肉の境目や奥歯は丁寧に小刻みに動かします。
あまり大きく磨くと歯垢が落ちなかったり歯肉を傷つけたりすることもあるので注意しましょう。
どうして歯は生えかわるの?
人間は身体の成長にともなってアゴの骨も成長します。
それによって歯列のアーチも大きくなるため、小さい乳歯よりも大きい永久歯が必要になるため、自然と生えかわるものといわれています。
1 歳 6 ヶ月になる子供ですが、まだ下の歯が 2 本だけしか生えてきません。
言葉等の発育、また脳の発達に影響がありませんか?心配です。
歯が生えてくるのは個人差があります。気になさらないでください。
また、言葉の発音、また脳の発育にも影響ありません。
また永久歯への生えかわりが遅く悩まれる方もたくさんいらっしゃいますが、ご心配なら歯科医師にご相談ください。
効果的な虫歯予防は?
虫歯にならないようにするためには、歯が萌え始めたときから歯を磨き、砂糖の少ない食生活をすることがとても大切です。
そのためには保護者のかたの助けが必要不可欠になります。
妊婦の治療はどうするの?
つわりの時期は気分が悪くなることがあるのでしょうから、安定期( 14 ~ 28 週)に入ってから来院されるほうが、落ち着いて受診していただけますし胎児への負担が軽いです。
何歳から診てもらえるの?
当院では 2 歳になるまでに来院することをすすめています。
普通に歯ブラシをしていれば、 3 歳までに虫歯にならないことが多いので、まずは虫歯にならないための検診を、虫歯のないうちに受診することが大切です。
そうすれば、お子さまも歯医者に慣れ、虫歯治療の際もスムーズに治療がすすめることができるからです。
子供が歯医者きらいで・・・どうしたら良いですか?
虫歯ができてしまって放っておいては、どんどん悪化するばかりです。
はじめは、保護者の方に同伴して頂いて、診察室やお口に物を入れることなどに慣れていただいてから、治療にすすみますが、スムーズに治療をすすめるためには、定期検診を兼ねて歯医者に慣れることをお奨めします。
ページトップへ