顕微鏡をもちいた虫歯(神経)の治療

トップページ > 診療科目 > 顕微鏡をもちいた虫歯(神経)の治療
顕微鏡をもちいた虫歯(神経)の治療文字サイズ変更ボタン

顕微鏡やCTを用いて治療することで、従来では抜かないといけない歯を残せるようになりました。
大きな虫歯になっても神経を抜かずに残せる場合があります(生活歯髄療法)。
また神経の治療が必要になっても細菌が入らないように細心の注意をはらい、丁寧に治療をすることで歯が長持ちします(精密根管治療)。
当院では虫歯の治療を精密に行なっています。

1生活歯髄療法

生きている歯の方が、神経を取った歯よりも長持ちすることは明らかです。
当院では極力神経を抜かないで治療を行うため、症例に応じて生活歯髄療法という治療法をお勧めしています。
従来は虫歯処置の際、神経が露出すると神経をすべて取るしかありませんでした。
現在は神経が露出した場合でも、MTAセメントや接着性レジンを使うことで神経を一部、もしくは全部保存する事が出来る場合があります。
治療中は、細菌が入らないようにするためラバーダムをしながら行います。
虫歯を取った後、露出した神経を全部抜くことなく、MTAセメントで保護することで神経が生きたまま(生活歯髄)治療を完了することができました。

生活歯髄療法1 生活歯髄療法2 生活歯髄療法3 生活歯髄療法4

※画像をクリックすると拡大します。

2精密根管治療

神経の治療が必要になった場合、根管治療の質が歯の寿命に大きく影響します。
当院での精密根管治療は以下のことを行います。

当院での精密根管治療は場合により健康保険適応外になることをご了承ください。

お問い合わせ
採用情報
きむら歯科コラム
きむら歯科ネット
ページトップへ