歯周病とメンテナンス

トップページ > 診療科目 > 歯周病とメンテナンス
歯周病とメンテナンス文字サイズ変更ボタン

あなたの歯周病危険度をチェック

  • 歯ぐき(歯肉)が赤く腫れている
  • 歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 口臭があると(人から)言われたことがある
  • 起床時、口の中がネバネバする
  • 歯が長くなったように感じる

上の症状がいくつか思いあたる方は、早めに歯周病の検査を受けましょう。

歯周病は予防が第一
歯周病は予防が第一

代表的な歯の病気に、むし歯と歯周病があります。
歯そのものを蝕むむし歯と違い、歯周病は細菌の感染によって引き起こされ、歯を支える周りの組織(歯周組織)におこる病気です。
歯を失う最大の原因は歯周病!
35歳以上で80%の人が歯周病!といわれています。

歯と歯の境目のお掃除が行き届かないと、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて歯垢がたまり、炎症を引き起こします。
これが歯周病の始まりです。

歯周組織

さらに病気が進行すると歯ぐきが腫れたり歯がぐらぐら動いてしまったりします。

歯周病の恐ろしい点は初期、中期に痛みを感じることがなく、症状がどんどん進むことです。
痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状がありません。
これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐ろしいところです。

一般的に歯周病で歯ぐきが腫れたり、歯が動いてしまった場合は、病気の経過が長いことから治療に多くの時間がかかります。
歯周病は糖尿病など全身疾患とも深く関係し、自覚がないまま進行することが多いので早期発見がとても大切です。

歯周病が進行してしまった方は、じっくりと腰をすえて治療することをお願いしています。
一緒に根気よく病気を治していきましょう。

歯周炎
歯周組織検査
歯周組織検査

歯周ポケットの深さ、歯周ポケットからの出血、歯の動揺度、歯垢の量などを1本1本調べて、歯周病の進行度合いを診査します。

歯周病リスク検査
バナペリオ検査
歯周病リスク検査 バナペリオ検査

歯周病原菌の有無を簡単に検査する方法です。

検査費用・・・1500円(消費税込み)

細菌検査
細菌検査

重度の歯周病の患者さまには歯周病原菌の種類と量を調べて治療にあたるようにおすすめしています。
歯周ポケットの中から歯周病原菌を採取し、そのDNAを増幅させること(リアルタイムPCR法)により簡単に調べることができます。

  • 1.歯周ポケット内に、ペーパーポイントを底部まで挿入します。
  • 2.そのままの状態で10秒間待ち、浸出液を採取します。
  • 3.冷凍で検査センターに送ります。
  • 4.1週間後に検査センターから検査データが届いたら歯周病のタイプを決定します。

検査費用・・・5菌種検査 12000円(消費税込み)

歯周病と全身疾患
全身疾患

歯周病は細菌の感染症です。生活習慣病とも言われ、糖尿病 タバコ ストレス 悪習慣など歯周病を悪化させる因子はさまざまですが、その直接の原因となるのは細菌です。

歯周病を悪化させる細菌の種類は解明されていて、それらはお口の中の常在菌とは違います。

最近、歯周病と全身疾患は密接な関係があることが分かってきました。
お口から体内に歯周病の病原菌が侵入することでさまざまな全身疾患を引き起こします。

体内への細菌の侵入は、ほとんどお口を通して起こります。
お口をきれいにし、歯周病を治療・予防することは全身疾患の予防につながります。

お口の健康、そして全身の健康のため、歯周病を予防しましょう。

 
歯周病と関連のある全身疾患

※ 糖尿病
糖尿病と歯周病の関係は特に密接です。糖尿病を治療することで歯周病が改善しますが、逆に最近では歯周病を治療することにより糖尿病が改善されると言われています。

※ 心臓疾患・動脈硬化
歯周病の原因となる細菌の毒素が、血管内に侵入し動脈硬化を引き起こします。また、それにより細菌性心内膜炎などの心臓疾患も引き起こすと言われています。

※ 肺炎
誤嚥によって歯周病の細菌が肺に入り、肺炎を引き起こします。

※ 低体重児出産
歯周病になると、体内に産生される物質が、血管内から胎盤に流入し、早産を引き起こします。

歯周病とたばこの関係
歯周病とたばこの関係

喫煙者はお口が臭い、ヤニがついて汚いだけでなく、歯周病(歯槽膿漏)にかかりややすく、更に治療しても治りにくいことが分かっています。

ある統計によると歯周病にかかる危険は一日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、重症化しやすくなると言われています。
タバコを長く吸っていると、歯肉の色が自然なピンク色から黒っぽく変わってくるため、炎症が隠されてしまい、患者さま自身が歯周病に気づきにくく発見が遅くなる傾向があります。
実際に治療しても治りにくい、また手術を行っても効果が低い、非喫煙者より再発して悪化する傾向にあるのはどうしてでしょうか?
タバコの煙に含まれる一酸化炭素は組織への酸素の供給を妨げます。ニコチンも血管を縮ませるので身体が酸素 栄養不足になります。
またニコチンは免疫機能も狂わせるので病気に対する抵抗力が落ちるのです。
更に傷を治そうと組織を作ってくれる細胞の働きまで抑えてしまうので、手術後も治りにくくなります。
また、「ヤニ」は歯の表面に残るので、歯はザラザラして細菌が張り付きやすく、お口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけるのです。

しかし、禁煙することで「歯周病にかかりやすさ」は4割も減ります。
手術後の治療経過も禁煙することで、非喫煙者とほとんど変わらなくなります。
歯周病とたばこは深く関係するので、当医院では歯周病治療を行っている方、それ以外の方にも禁煙を推奨しています。

たばこと歯の喪失の関係
SPルームとは
spルーム

SPルームとは診療室と違い「歯を削らない」歯科衛生士専用のお部屋です。
歯のクリーニング(検査/歯石を取る)のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまと一緒に根気よく歯周病を治していきます。
治療が終了してからは、定期的なメンテナンスをすることにより患者さまが気づかないお口のトラブルの発見に努めています。
歯ブラシ・デンタルフロス・その他の歯科用品の使い方、生活習慣 食習慣の改善など、患者さまホームケアの確立のためのアドバイスをし、患者さまお一人お一人にあったブラッシング指導をさせていただいています。
そしてホームケアだけでは行き届かない歯の部分のプロフェッショナルケアを行い、お口の健康の維持するための診療システムを提供します。

治療が終了してから、患者さまとの本当のお付き合いが始まると私たちは考えています。

担当歯科衛生士制
担当歯科衛生士制

当医院では20年前から担当歯科衛生士制をとり、一人の歯科衛生士が患者さまを、治療の開始からメンテナンスまで責任持って担当させていただいています。
患者さまごとに担当の歯科衛生士がつき、毎回同じ歯科衛生士が責任もって歯周病予防としての歯のクリーニングや歯周病治療としての歯石除去を行います。
同じ患者さまを担当することで長期的に病気の経過をみることができ、予防のためのお口の健康管理をすることができます。
そのためには歯科衛生士のスペシャリストを育てる事が不可欠です。
当院のスタッフは欠かさぬ研修により、常に向上心ある歯科衛生士であると自負しております。
かかりつけ歯科衛生士として長くお付き合いいただきたいと思います。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トウース・クリーニング)を受けましょう
PMTC

毎日しっかり歯みがきをしているつもりでも、歯ブラシの届きにくい歯と歯のすきま、歯と歯肉の境目には歯垢(プラーク)がたまりやすい場所ができてしまいます。
歯垢の中の細菌が繁殖すると、やがて歯ブラシでは簡単に落とすことのできない細菌の集合体(バイオフイルム)となり、放っておくとむし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。

進行した歯周病はけっしてブラッシングだけでは治ることはありません。
また歯石は歯ブラシだけでは落とせません。
歯周病の既往症をもつ方はポケットの再発を防いだり、歯ブラシだけでは磨きにくい部位のプラークを取り除くためのプロフェッショナルケアが必要です。

PMTCでは専用の機器 器具をつかって徹底的にバイオフイルムを取り除くお口のクリーニングを行い、更に歯の表面を磨くことにより、汚れをつきにくくします。
PMTCを3~4ヶ月に一度行うことで、非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。

年齢別歯科医院のかかり方と現存歯数
バクテリアセラピー

きむら歯科医院では、予防医学の先進国からきたバクテリアセラピーを積極的に治療にとりいれてます。

重度の歯周病のかた、
糖尿病や全身的なリスクファクターのあるかた、
喫煙習慣のあるかた、
また歯周病原菌の代表的なもの(PG菌 AA菌)が検出されたかたは、
思うように治療が進まず歯周病を克服するのがなかなか困難です。

こういった方には抗生剤をのみながら歯周病治療をすすめるのが一般的ですが、
当院ではバクテリアセラピーをおすすめしています。

バクテリアセラピーとはヨーロッパで新しく生まれた予防医学です。
すぐれた善玉菌をとることで、体の中にいる菌のバランスを変えることにより、体質を変えていく細菌療法のことをいいます。

もともと、人の体に住んでいる善玉菌をとっていただくので、副作用などの体に害を与えることのない、体に優しい治療法です。

通常の歯周病の治療に加えて、善玉菌(L.ロイテリ菌)をとっていただくだけで、お口や体全体が健康になっていきます。

L.ロイテリ菌は、人の母乳・口腔由来の乳酸菌のことです。
天然の抗菌物質を産生すると同時に人の免疫システムの調整を行いながら、さまざまな疾患の予防・治療に働きかけます。

L.ロイテリ菌をとることでむし歯になりにくい、歯周病になりにくい、などお口の環境をととのえることができるのです。
L・ロイテリ菌は安心できる天然の抗生剤といえます。

薬物のこだわりのあるかた どうしてもタバコがやめられないかた、糖尿病のコントロールが難しいかた 歯周病をしっかり治療するために当院はバクテリアセラピーをおすすめしています。

ページトップへ