ドライマウス

トップページ > 診療科目 > ドライマウス
ドライマウス文字サイズ変更ボタン
ドライマウスとは?

口腔乾燥症、いわゆるドライマウスと言われる症状は、安静にしているとき唾液の減少にともなう症状で、口腔乾燥感(お口の中が乾燥する)、口腔内の粘膜が痛む、咀嚼嚥下障害(うまく噛んで飲み込めない)、味覚障害などの症状のことです。 ドライマウスはむし歯や歯周病のリスクを高めるというさまざまな問題を持っています。
唾液の分泌が低下するのは薬剤の副作用やストレスが起因していることが多く、最も多いのは降圧剤や利尿剤、向精神薬の服用によるものです。それ以外にも唾液の根本的な生成不足が原因のドライマウスも少なくありません。
長年、訪問歯科診療に携わってきた当院は、高齢者のドライマウスがなんとか改善できないものかと、漢方薬局と共同研究をかさね、漢方飴「滋潤飴」を開発しました。
現在、来院した患者さまだけでなく、訪問先のグループホームでもこの滋潤飴をおすすめしドライマウスに悩む患者さまからご好評いただいています。

滋潤飴について
ページトップへ