一般歯科

トップページ > 診療科目 > 一般歯科
一般歯科文字サイズ変更ボタン
むし歯治療

  最近の調査では、歯を失う原因の約75%はむし歯と歯周病といわれています。

そしてむし歯も歯周病も風邪と同じ細菌による感染症です。むし歯はむし歯菌が出す酸により歯が溶かされる病気です。
食事をするとむし歯菌の活動が活発になり、酸性に傾いたお口の中では歯のエナメル質からリン酸とカルシウムが溶け出します。これがむし歯の始まりです。
しかし同時にお口の中は唾液が持つ緩衝作用により徐々に中性に戻り、エナメル質が修復されていきます。

当院ではダイアグノデントを使った歯質の調査を行い、むし歯の早期発見に努めています。

サリバテスト
サリバテスト

毎日、しっかりハミガキしているのにどうしてむし歯になるの?
こんな疑問をお持ちのかたも多いかもしれません。
むし歯になりにくい人 なりやすい人の違いは、ハミガキの回数や方法だけでなく、飲食の回数、だ液のもつ性質やむし歯菌の数などが大きくかかわります。
つまり生活習慣や口腔内の改善をすることがとても重要です。
当院ではサリバテスト(だ液の検査)をして、口腔内の環境を調べ、診断に用いています。

サリバテストとはだ液を採取してだ液の量・質・むし歯菌の数を調べることをいいます。
採取しただ液は、特殊な検査薬を使って科学的に調べます。
検査の結果に応じて、お一人お一人に合ったむし歯予防をしていきます。

保険外診療ですので別途料金がかかります。
検査費用・・・3150円(消費税込み)

また残念ながら歯を削る治療が必要になった場合、表面麻酔をはじめ痛みの少ない電動麻酔器を使ってできるかぎり痛くない治療をしていきます。

生きている木と伐採した材木の寿命を比べればわかるように、生物と無生物ではたいてい生きているほうが長持ちします。
歯も同じで、いったん神経を取ってしまうと、天然歯と比べどうしても寿命が短くなります。
さらに言えば、「歯は削れば削るほど寿命が短くなる」と言っても過言ではありません。
歯をできるだけ削らなくてもすむように、むし歯の早期発見と予防のための定期検診をおすすめいたします。

CO
CO

歯の表面が浅く溶け、むし歯になり直前の状態。
歯は削らず、歯みがき指導やフッ素塗布により自然治癒をめざします。

C1
C1

エナメル質が溶け始め、むし歯の始まりです。
痛みはありませんが再石灰化を促しむし歯の進行を抑えます。

C2
C2

むし歯が進行し象牙質まで達した状態です。
象牙質はエナメル質より柔らかいため進行が早くむし歯が歯髄に近づくにつれ歯がしみるようになります。
数回の治療が必要です。

C3
C3

むし歯が歯髄まで達した状態で大きな穴が開いた状態です。
炎症(歯髄炎)を起こすとズキズキと激しい痛みが出ます。
死んでしまった歯髄と、むし歯に犯された象牙質を取り除くことで歯を助けることができます。

C4
C4

歯の頭の部分(歯冠部)が溶け、歯根だけが残った状態。
もう激しい痛みは感じませんが、歯根の先に袋状に膿はたまり出してしまうと、歯を残すことが困難です。

カリエスリスク
カリエスリスク

歯の質・・・むし歯になりやすい なりにくい もともと持っている歯の質のことです
むし歯菌の数・・・お口の中にいる数多くのむし歯病原菌のことです
生活習慣 食生活・・・むし歯病原菌を養う栄養 特に糖分のとりすぎのことです
時間・・・むし歯病原菌は栄養(糖分)を分解して一定の時間がたつと繁殖します

これらの因子が重なるとむし歯になります。
歯+糖質+むし歯菌+時間=むし歯の発生
これを研究者の名前をとって「カイズの輪」といいます。

ページトップへ