入れ歯(義歯)

トップページ > 診療科目 > 入れ歯(義歯)
入れ歯(義歯)文字サイズ変更ボタン
入れ歯(義歯)

入れ歯が初めての方、入れ歯がこわれてしまった方、ぴたったりした入れ歯にしたい方、当医院にご相談ください。

入れ歯は保険適用のものをはじめ、材料や作り方が異なる保険適用外の入れ歯など、その種類はさまざまです。
保険適用で患者さまが満足できる症例もありますし、また逆に、保険適用外で入れ歯を作っても色々な理由により、患者さまに満足していただく義歯を作るのが難しい症例もあります。
どんなに合う入れ歯でも、天然の歯に勝るものはありません。
患者さまの希望をよく聞いたうえで、自分に最適な入れ歯を一緒に見つけましょう。

金属床義歯とは?

入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯があります。
金属床義歯とは、主要部分を金属で作った入れ歯です。
レジン(プラステイック)に比べて、丈夫な素材である金属を使うため、快適でたわまず、丈夫な入れ歯をつくることが可能になります。
金属ならではの薄い仕上げは、口の中におさめた時、違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層、おいしく食事を楽しむことができます。
当医院ではコバルト床とチタン床の金属床をおすすめしています。

コバルト床

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
熱を伝えやすく清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。

チタン床

近年、話題の最先端金属です。
腐食せず軽く、アレルギー反応を起こしにくい身体に優しいチタンを使用します。
イオンプレート仕上げで金色に加工 清潔で美しい状態を永く保つことができます。

金属床01
部分入れ歯のバネかかった歯が10年後に抜歯に至る確率
金属床02
総入れ歯
部分入れ歯
ページトップへ