金属アレルギーと口腔粘膜疾患

トップページ > 診療科目 > 金属アレルギーと口腔粘膜疾患
金属アレルギーと口腔粘膜疾患文字サイズ変更ボタン
金属アレルギー
金属アレルギー

金属アレルギーの原因はピアス ネックレス 時計などのアクセサリーだけではありません。取り外しても症状が改善されない方は、お口の中のむし歯治療の金属が原因になっている可能性があります。

通常、金属そのものは「アレルゲン」ではありませんが、汗 唾液などの体液によってイオン化した金属が体内に取り込まれます。
歯科治療に使われる金属は色々な種類の金属を合わせた合金が使われているので、そのためイオン化傾向が強くなりアレルギー症状を起こす方がいます。

当院では金属アレルギーの疑いのある方には連携医院の皮膚科を紹介し、パッチテストを行ってもらいます。皮膚科医と常に連携とりながら歯科の治療を行っていきます。

口腔粘膜疾患oral mucosal disease

口腔粘膜疾患には、白板症・扁平苔セン・口腔カンジダ症・ヘルペス性口内炎・再発性アフタ・口腔乾燥症などがあります。
当院では、口腔外科医と皮膚科医と連携をとりながら診断・治療を行っています。

ページトップへ