審美歯科治療

トップページ > 診療科目 > 審美歯科治療
審美歯科治療文字サイズ変更ボタン
補綴治療(つめもの かぶせもの)へのこだわり

歯は決して再生する臓器ではありません。

失ってしまった歯をつめ物 かぶせ物などの人工物で補うことを補綴(ホテツ)治療といいます。

単に、きれいな材質で補うだけでなく、強度や適合性、噛み合わせも考えたうえで歯科材料を選ばなくてはいけません。

よりきれいな歯、より精度の高いものをつくるには、精度の高い治療だけでなくコストの高い材質で 熟練した技工士の高い技術が必要です。
この場合、残念ながら保険適用外の治療となります。
保険治療と保険適用外の治療の違いはカウンセリングでしっかりと説明いたします。
患者さまが保険治療にするか保険外の治療にするのか、十分納得して選んだうえで、治療をはじめます。

審美歯科治療1術前 矢印 審美歯科治療1術後 審美歯科治療2術前 矢印 審美歯科治療2術後 審美歯科治療3術前 矢印 審美歯科治療3術後 審美歯科治療4術前 矢印 審美歯科治療4術後

前歯の審美改善をセラミック修復で治療を行いました。
精密に歯とぴったり合うものをつくることはもちろん大切ですが、前歯では特に高い審美治療が要求されるため治療の難易度が高くなります。
当院では信頼のおける歯科技工士と連携を組んでセラミック修復を行います。

審美歯科治療5術前 矢印 審美歯科治療5術後 審美歯科治療6術前 矢印 審美歯科治療6術後

前歯でも複数の歯の審美治療を行う時は、審美の改善のみでなく噛み合わせの改善も考えて治療を行います。

臼歯術前 矢印 臼歯術後 臼歯術前 矢印 臼歯術後

当院では見えにくい奥歯でもこだわってセラミック修復を行います。 高い適合精度(ぴったり合うこと)と耐久性を重視して長持ちする審美修復を目指します

ページトップへ