086-262-0402
〒702-8036 岡山県岡山市南区三浜町 2-18-20
【お電話でのご予約を承っております】

マウスピース矯正
(インビザライン)について
Invisalign

マウスピース矯正とは
どんな治療方法ですか?

通常のワイヤー矯正は歯に直接装置(ブラケットやワイヤーなど)をつけるのに対し、マウスピース矯正は、その名の通り、矯正専用のマウスピースを患者様が装着していただくことで矯正治療を行います。

周りに気付かれにくい
「マウスピース矯正」

現在、ワイヤー矯正も透明なブラケットや白いワイヤーなどを用いたり、歯の裏側に装置を装着するものもありますので、従来の矯正治療よりは随分目立ちにくくなってきています。

しかし、マウスピース矯正は透明な装置を使う治療方法ですので、ワイヤー矯正と違い、ほとんど目立つことがありません。

付け外し可能なため、
食事も食べやすい!

また、お食事の時にはマウスピースを外していただくため、ワイヤー矯正に比較して圧倒的に食べやすくなります。さらに、歯磨きをされるときも格段に磨きやすいため清潔な状態で治療を行いやすいことが大きな特徴です。


インビザラインとはなんですか?

現在、かなり普及しつつあるマウスピース矯正は、多くの会社から様々なシステムが出ています。その中で、インビザラインは世界中で行われており、極めて多くの症例数と長い歴史があります。

インビザラインでのマウスピース矯正では、患者様の歯並びをデジタルデータに変換することから始まります。そして、そのデジタルデータ上で歯を移動させるシミュレーションを行い、治療計画を精密に確認した後、マウスピースの作成をします。

こうしたマウスピース矯正はデジタル治療といっても過言ではありません。症例数が圧倒的に多いインビザラインのマウスピース矯正システムは、これから矯正を行っていく患者さんと同じような歯並びのデータ(ノウハウ)をたくさん持っていることになります。

そうしたビッグデータがあることで、治療方針、治療方法の確実性につながります(治療期間も正確に判断できます)。インビザラインは歯科医院も患者様も安心して治療できるシステムであると考えています。

インビザラインのメリット・
デメリットについて

インビザラインのメリット

透明なマウスピースの矯正方法なので、第一に目立ちにくいことが挙げられます。

さらに、患者様ご自身が取り外すことができるので、歯磨きの際にはワイヤーを装着するブラケット矯正に比較して圧倒的に磨きやすいことで虫歯や歯周病になりにくいところも大きなメリットです。

またデジタル上でシミュレーションすることができるため(診断や治療計画の立案ができるため)、術前に患者様は矯正を行うとどのような歯並びになるのかの説明を受けることができます。

治療後にどんな歯並びになるのか、治療期間はどのくらいかかるのか等治療に不安なことを術前にきちんと説明させていただきますので、安心して治療をお受けください。

インビザラインのデメリット

マウスピース矯正は決められた時間(1日約20時間以上)を患者様ご自身がきちんとマウスピースを使っていただく必要があります。そのため、1日の装着時間が少ない日が増えることで、期待通りに歯が動かなかったり、予想される治療期間が必要以上に長引いてしまうことがあります。

また、インビザラインだけでは対応できない困難な症例もあり、他の補助装着が必要となる場合もあります。治療に不安なことを術前にきちんと説明させていただきますので、安心して治療をお受けください。

当院のインビザライン治療の
強みについて

当院は一般歯科医院であり、通常の虫歯の治療や歯周病の治療、そして、メインテナンスをかねてより長らく行っております。その中でも、特に精密な歯科治療(顕微鏡や高倍率のルーペをはじめとする拡大診療)と歯周病治療(歯周病認定医、歯周病認定歯科衛生士が所属しています)には力をいれております。

また、治療内容に関してのカウンセリングを日々行っており、患者様には納得していただいてから治療を開始するようにしております。

そのため、一貫して当院で初診より全ての治療を納得してお受けいただくことが可能です。患者様の中には、歯を被せる必要があるけれども自分の歯を削る量を最小限にするために行う矯正(補綴前矯正)なども積極的におこなっております。

一般歯科医院として患者様の健口(お口の健康)に寄与するために日々診療を行なっております。

その中で、マウスピース矯正をご希望された場合は、きむら歯科医院独自のメリットをご提供できるように体制を整えております。もちろん矯正治療後のメンテナンスも安心して通院してください。

お問い合わせはこちらです


こんな方にマウスピース矯正が
おすすめです

歯並びが気になるが、周りの目を気にしたくない方におすすめ

まず、歯並びが気になるけど、目立たたずに矯正治療したい方におすすめします。

従来のマウスピース矯正は、治療に内容に制限があり、また治療期間も通常のワイヤー矯正よりも長くかかるものでした。

しかしながら、現在ではワイヤー矯正と同程度、あるいは症例によってはマウスピース矯正の方が早く終了する場合もあります。

日常生活をあまり変えることなく矯正治療をご希望される方にお勧めいたします。

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正ができないケース

小児の患者様で、まだ乳歯残っていてもマウスピース矯正は可能です。しかし、乳歯が抜けそう、または、まだ大人の歯が生えている途中のお子様は開始を待つ必要があると考えております。その場合は当院在籍の小児歯科専門の歯科医師のもとでインビザラインを用いずに小児矯正で対応します。

また、骨格的な問題が大きい場合や、全顎的な診断の上で当院が「矯正専門医で治療を受けた方がいい」と判断した場合は、安心して治療をお任せただける矯正専門医をご紹介いたします。

お問い合わせはこちらです


ウェブからお問い合わせ
top
求人情報はコチラ!
電話する Webから
お問い合わせ

top